やれんのか。

最近立て続けに、男、いや漢が主役の本を読んだ。

自分のぬるさに打ちのめされる思い。仕事が辛い、金が無い、時間が無い、やりたいことが無い、やる気も無い、無いものばかりを数え上げて、東から昇ったお日さんが西に沈む。そして、今日も東から陽光が射すと同時に無いものを数え始める。

無いものは無いのだ。イチローとまーくんとマエケンと山田筒香柳田がいれば、優勝できるはず。そらそうだ。そこまで揃っていれば、監督は要らない。

金があれば時間があればやる気があれば夢があれば希望があれば体力があれば身長があれば近所にコンビニがあれば駅があればあれがあればこれがあれば・・・。

そんなことを数え上げても何にもならない。全て揃ってしまえば、今度は逆に自分が要らない。誰でも上手くやれるし、生きていける。しかし無いからこそそこに努力の入り込む隙間が生まれる。個性を注ぐ隙間が生まれる。

そこにこそ「個」は生まれる。どんな方法で、どれだけの努力を積み重ねて、あるいは努力を放擲して傍観。そして仮に結果が良かろうが悪かろうが、そこに生まれた事実はその個を後ろから支える。存在を証明する。それが受け入れ難い個であるなら、その人が抱く理想の存在は、新たな努力を促す。

そこでまた無いものを数えるのも自由だし、手元にあるもの周りの状況でできることを考えそれらを最大限に生かして理想を目指すのも自由。

結果は個を連れてくる。個人としての自分。到底受け入れ難い。努力が足りない。

これもまた、無いものを数える内に入るのか。

f:id:fuitsufuitsu:20170503132834j:plain

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」 増田俊也著。

木村政彦という人を僕は知らなかったのだけど、日本柔道史上、未だに最強であったと語り草の豪傑らしい。

兎に角その柔道に打ち込む姿勢が凄まじい。努力の量が途轍もない。

そんな彼のモットーが「三倍努力」

f:id:fuitsufuitsu:20170503133217j:plain

「命もいらず 名もいらず」  山本兼一著。

続いて読んだのが、幕末三舟の一人、山岡鉄舟が主人公のこの本。

剣豪としての他、書家としても有名であるらしいが、彼がその道を究める過程で行き着いた努力の方法は、

「百倍やる」

無茶苦茶や。木村政彦の三倍努力でも既に常人には不可能であるのに、鉄舟は百倍。ぶっ壊れメンタル。前向きの権化。超前向き。

木村政彦山岡鉄舟いずれ劣らぬ豪傑の物語に、日頃の自分のだらし無さのみ思い当たり、情けなさが募って悶える。

だからといって、無いものを数えても、そうしているうちにまた日が西に沈むのみ。

始めよう。1.5倍くらいから。

それだって相当に難行であることが予想されるけど、明日にはやる気を無くして元の木阿弥かもしれないけど、今その気なら、一日だけでもやれるなら、やらないよりはいいだろう。どうだろう。

不一。

六大。

早いものでもう五月。

朝晩寒くて昼暑い。

今月は一大イベントがある。否、六大イベントだ。

来る五月の二十日、ロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太のプロでの世界挑戦が決まった。これを観戦に行く。

当初、同日に名古屋で行われるWBO世界ライトフライ級チャンピオン田中恒成が16戦全勝全KOのプエルトリカンを挑戦者に迎える試合を観戦に行こうかと考えていた。相手選びの妙でその地位を保っているボクサーも少なくない中、田中は常に相手に強者を求める、ボクサーとして非常に真っ当な気概を持ったボクサーで、応援したくなる。その実力も名古屋のローカルチャンプでいるのは勿体無い力を有している。

そこで愛知県に住まう友に連絡をして、あわよくば一緒に観戦できればと思って相談すると、同日に東京で行われる村田の世界戦が観たい気持ちもあると言われ、そうか、それもいいな。確かに日本でミドル級の世界タイトルマッチが開催されるということ自体稀だし、挑戦する村田はオリンピック金メダリストという本物。決して記念挑戦ではなく、しっかりと勝算のある勝負。そんなことを考えていると、観ないと勿体無い気がしてくる。しかも滅多に会えぬ友と観戦できるとなると、楽しみはいや増す。

無理やり会社に有給休暇なるものを申請して、行くことにした。田中には申し訳ないが日が悪かった。俺は東京に行く。行ってこます。

そして、この村田の世界挑戦をメインに打たれる興行は他に二試合の世界タイトルマッチが挙行され、三大世界タイトルマッチ。

ここに愛知の友、はるばる北海道から観戦にくるという友、神奈川にいるお世話になっている先輩。普段は会えぬこの人たちと会えることもタイトルマッチ以上に楽しみで、自分的には三大世界タイトルマッチと併せて、六大ですわ。

ブラック企業に勤めおるゆえ、有給休暇も眉間にシワをよせ苦渋の表情で、軽めのイヤミを上司から言われた割に一日しか取得できず、日程はきつきつだけれど、ホテルの宿泊代がボッタくられてるんじゃないかってくらい箆棒に高いけれど、時間だ金だなんて俗なことはこの際思考の埒外、純粋に与えられた機会を楽しもう。

そう思うております。

気は早いが、楽しみだ。

不一。

 

なんにでもっていわれても。

今の時代志せば、何にでもなれるし、どこに行ってもいい。

昔は士農工商なんて言って、生まれついた身分以外のものにはなれなかったし、自分の生まれたところをさしたる理由もなく少し出ただけで、脱藩などという重罪。

さぞかし息苦しかったことだろう。というのは、現代人の勝手な想像で、外の世界を知らなければ、それはそういうものだと考えて、周りも皆、それを当たり前に信じていたので、さしたる不自由は感じていなかったのかもしれない。

現代は確かになりたいものになれる。いや、なれないかもしれないけど、なれるチャンスは皆にある。建て前上は。

しかし、このなりたいものになれることを喜ぶのは、なりたいものがある人だけで、ない人は、ないことに苦しんだりする。あるいは何も見つからず、あるいは何もやる気が起きずニートになったりする。

士農工商の時代では否応なくやらなくてはいけないことがあったろうから、ニートにはなりにくい。次男坊三男坊でしかもアホ。みたいな人はニートだったかもしれないけど。

穀潰しなんて言葉があるから、恐らくその時代にもニートはいたのだろう。

何にでもなれる。ちょっと聞くと耳触りが良く、ドリーミーな言葉に聞こえるけど、何にでもなれるということは、裏を返せば何者にもなれぬ可能性を大いに含んでいる。昔ならば、厭でも百姓、ヘタレでも武士、センスなくても商売人、不器用でも職人など、世襲制により、それ以外にはなれぬけれども、身分は保障されていた。しかし今の時代は、何にでもなれるけど、何にもなれない危険性もあって、仮に何者にもなれぬと、自己責任なんて残酷な言葉で突き放され、社会から疎外される。

無論それで死ぬわけではないけど、なりたいものになれない、なりたいものがない、そもそも何もやりたくない、結果気づけば健康なのに生活保護。みたいな人は、士農工商に憧憬を抱いたりするのかもしれない。

なりたいものになれる現代、なりたいものになれている人がどれだけいるだろう。

なりたいものになれなかったが、なりたくないものになりたくないから、今のところで妥協している、頑張るしかない。という人が少なくない気がする。

自由と希望。それと引き換えに手に入れた未来に対する猛烈な不安。

それでも人は自由であるべきか、希望は大切か。

特になりたいものなどないけど、なりたくないものになりたくないから、ブラック企業にぶら下がっているけど、これは自由か、ここに希望はあるか。

などと、盗んだバイクで走り出しそうな青い考えが時折頭を掠める。

進むも退くもなんだか中途半端で、ぼーっと立ち尽くしていると気づけば明日が来て、明後日が来て、ひと月が過ぎて、半年が過ぎている。益体もない40の夜。

 

http://dp.dsp.disney.co.jp/img/k/cpn/2016/zootopia/main.jpg

 

ズートピア」 2016年 アメリカ 監督 リッチ・ムーア

性別も種も超えて、なりたいものになる。

その為に努力し、その夢を叶える環境のあるところへ行く。

大人が見ても考えさせられるテーマが分かりやすく散見される。

普通に考えれば、大人が観てクソなものを、子供に観せようとは思わないだろうから、当たり前か。

将を射んと欲すればまず馬を射よ。ってか。

それもなんだかな。

 

不一。

 

 

 

 

 

おいおいロマゴン。

うわあああロマゴンがああ。

前戦、カルロス・クアドラスに苦戦を強いられたことで、スーパーフライ級にアジャスト出来ていないんじゃないかと言われたりしていて、今回敗戦の相手、シーサケットにも苦戦するんじゃないか、との予想はたくさん聞いた。

それでも、現在のパウンドフォーパウンドナンバーワン、ロマゴンの不敗神話は揺るがない、日本の至宝井上尚弥とのドリームマッチまで負けないだろうと、希望的観測を持って信じていた。

それが、一番つまづいてはいけないところでつまづいた。

まだ、この階級に上げる以前からのライバル、ファンフランシスコエストラーダ、前チャンピオンのクアドラスに負けた方が、この後の展開は面白くなったような気がする。

井上×ロマゴン楽しみにしていたのだけどな。

ロマゴン待ちで年内はこの階級に留まると言っていた井上は、もうこの階級にいる意味がなくなってしまったんじゃないか。

次なる階級、バンタム級

そこには、ゴッドレフト山中慎介がいる。

彼の日本新がかかるV14戦の挑戦者に井上。

痺れる。

が、実現しないだろうな~。

井上はフジテレビ、山中は読売テレビ

しかもどちらも無敗。

潰し合うには日本人の心情として、勿体無いとの想いもある。

でも観てみたいなぁ。新旧交代?あるいはモンスターの挫折?

どちらにしろドラマティックだ。

その前に具志堅用高のV13、山中慎介の次戦はそのタイ記録に挑む試合になる。

ほぼ内定しているといわれている、相手のルイス・ネリー。

無敗のパンチャーでかなりの強豪らしい。まずはここをクリアできるか。

妄想の続きはそのあとだ。

しかし、ロマゴン・・・。ああああ。

パウンドフォーパウンドナンバーワンに日本人ボクサーが勝つ。

絵空事の中でしか想像し得なかったことが、実現したかもしれないのに。

ロマゴンに勝ったシーサケットに井上が勝ったところで、それはまた違う話だし。

残念だな。

と、ボクシングのことは触りだけで、あとは違うことを書こうと思っていたのにな。

脇道に逸れるいつもの悪い癖。

やれることはやれるうちにやっておけってことだ。

善とビッグマッチは急げ。

不一。

 

対決。

http://beagle-voyage.com/wp-content/uploads/2016/03/batman.jpg

「スーパーマンVSバットマン」 2016年 アメリカ 監督 ザック・スナイダー

日本で言うなら仮面ライダーウルトラマン、悟空対ルフィなどに匹敵するか。

現実世界では、パッキャオVSメイウェザー井上尚弥VSロマゴン。

作品的にはヤバイ香りはしつつも、手を出さない訳にはいかない。

だって男の子だもん。手が出ちゃう。

といった感じで観てみたのだけど、思ったとおりではなかった。というのとは、ちょっと違って、期待通りではなかったというのが正しいか。

いま旬の女優が、大胆な濡れ場を披露する。なんて煽り文句に踊らされて観てみたら全然大したことのない見えるか見えないかのしょうもないラブシーンを延々見せられたときのような。期待を激しくはないが、それなりに裏切られたときのような。例えがクソで悲しくなるが、隔靴掻痒。そんなような感じがした。

しかし、やることに意義がある。

スーパースター同士の対戦は往々にして凡戦になることが多い。

実力が拮抗し相手の良さをお互いに打ち消し合い、警戒心も強く持ち、いつものようには戦えない。

それでも見たい。どちらが強いのか。

井上VSロマゴン、今年中に実現するだろうか。

実現すれば、母ちゃんを質に入れても見に行く。あっ、一昨年離婚して母ちゃんいないんだった。などという自虐もそろそろ痛々しくなく言えるというのも、今それなりに楽しくやってるからだろう。

過去は変えられないが、過去が持つ意味は変えられる。

あのことがあったから今がある。肯定的に過去をとらえられるのは、今いい時間を過ごしているから。

過去を引き摺り、いつまでもそこにいい意味を付与できずにいる人は、あの時ああしていれば、あの時あいつと出会わなければ、あの時もう少し頑張っていれば、などと悔恨にまみれて生きていく。僕は阿呆だから、過去をいつまでも覚えてはいられない。それ故にそういった状況には陥りたくても陥れないだけの話だけど。

過去を肯定的に見、未来に希望を抱く。どちらも今を良く生きなければ出来ないこと。

結局どこまでも人間に与えられているのは、今だけ。

・・何の話だろうね。

不一。

 

 

 

 

何かと難問だ

つまるところ自己満足なんだろうと思う。人生なんて。

しかし、満足が如何に難事であるかは、生きれば生きるほど痛感する。

自分が見て綺麗な物は大抵の人にも綺麗なのだろうし、自分が気持ちいいことは大抵の人にも気持ちのいいことなのだろうから、綺麗な物を欲すれば、当然のことながら競争になる。気持ちのいいことも皆が殺到するから、順番待ちになったりする。

だから、少しランクを落とした綺麗な物や、気持ちいいこと、楽しいこと、美味しい物なんかで妥協する。そこで満足まではいかずとも納得できれば、それは上々の結果なのかもしれない。

納得。何かを得て、それを納める。そうするには収納スペースが必要で、そのスペースをうまく作れないと、何かと納得できない、何かに付け文句を垂れる、キレる、すねる、みたいないい年してみっともない大人に成り下がる。

しかし、何でもかんでも納得してしまえるという、信念の感じられぬ生き様もまた自己満足からは程遠いようにも思う。それは単なる諦観に支配された人生観で、すねるに近い感じもする。

今の自分はそこに近いところにいる気がする。

まぁそれでいいんじゃない。だってしょうがないんでしょ?よくあることだよ。

一見物分りの良さそうな感じはするけど、心から賛成している、または喜んでいる感じは皆無。なんだか、すねている感じにしか思えない。快さがない。心からの肯定がない。

納得を装いつつ、全然納得いってないのだ。それはよく分かっている。

だって、僕には良いことにしろ悪いことにしろ、得たものを納めるスペースがないのだから。

満足。とまではいかなくとも、納得。できる一日を、ひと月を一年をひいては人生を。なんてね。やることやってから言えや。って話だけどね。

 

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/84833/photo/00e09e2a64c16b78.jpg?1464940991

「神のゆらぎ」  2013年 カナダ 監督 ダニエル・グルー

神の教えにどこまでも従い命を落とす男。

神を捨てて生きることを選んだ女。

どちらが正しいなんてことは誰にも言えなくて、要は当事者の自己満足の度合いなんだろうな。

それで納得いくなら、それでいいんだろうな。

としか言いようがない。と、ここでも得意の諦めで、答えを取り敢えず考えられるところまで考えるということもしない。

ゆらぎゆらぐ。

効能。

信じるものは救われる、とは限らない。が、信じて救われなかったものが、不満を持つとも限らない。納得しているかも知れない。ならそれは救いであったのかも、いやでも、結果死んでるんだから、救えてないよね、っていうのもそれは命あっての物種なんて俗な目線からの愚考で、神様なんてものからの巨視的な目線で見ればめちゃんこ救いの可能性もあるよね、天国なんてものがあると仮定するならば。天国へのパスポートなんてものがブルーハーツの歌詞に出てきたよな、懐かしいなぁ、・・ん?・・・と最初に何を考えていたか分からなくなるくらい、漠然と、しかし厳然と立ちはだかる難問。

不一。

 

 

 

きっかけ。

今思えばあそこがターニングポイントでしたね・・。なんてことを成功者がテレビやなんかで振り返っているところを見たことが何度もある。

それは人との出会いであったり、街で偶然見かけた何かだったり、時代の流れであったりと、分かりやすい。

でも、本当のターニングポイントなんてのは、個人の認識の範疇にないんじゃないかなんてことを思ったりする。

人との出会いがその人のターニングポイントだったとしたら、その出会いに至るまでのどこか一つの行動が違うだけで出会えてなかったかもしれない。そうなると、その何気ない一つの行動が実はターニングポイントだったりするのかもしれない。じゃない?

ここは力の入れどころや!って分かりやすくターニングポイントが来てくれれば、そこだけ頑張れば、あとはテキトーでいいのだけど、分かりやすいターニングポイントですら、後々考えないと分からないのが人間で、そうなると、どんな小さな選択にもターニングポイントが潜んでいる気がして気が抜けない。

そんなことを思いつつ、ジョージアにするべきかBOSSにするべきか、自販機の前で悩む。そんなことに時間を費やしているあいだにも、ターニングポイントは背中をすり抜けて行ってしまっているかもしれない、そう思うと焦る。早く選ばなくては、ここはBOSSや!と決めたところで、今度はブラックかカフェオレで悩む。ああ早くせんとターニングポイントがどこかに来てるかもしれないのに、この数秒で会うべき人とすれ違うかもしれないのに。あああでもこのブラックかカフェオレかをテキトーに決めてしまうようなメンタルでは、後悔のない人生を生きられない、ちゃんとターニングポイントをとらえられない。

つまるところ、ターニングポイントなんてどこまでも運の要素が強いものなのだから、普段からそれを意識して生きるなんてことそのものがナンセンスなのかもしれない。

運って何だろう。う~ん・・。

 

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/80987/poster2.jpg

「人生スイッチ」 2014年 アルゼンチン・スペイン 監督 ダミアン・ジフロン

ほんのちょっとのきっかけで、人生が大きく変わってしまう人たちを描いた短編オムニバス。

観やすく分かりやすく面白かった。

それでいて、人生の怖さも充分に表現していて、いろんな人の顔が思い浮かんで、みんなギリギリだなぁ。なんて思ったり。

余裕で生きているようで、ほんの小さなきっかけで人生なんて簡単に暗転する。

それを身を持って知ったからこそ、こういう作品に惹かれるのかもしれない。

効能

至るところに陥穽あり。ただし、そのほとんどは己自身の内奥にあり。

不一。