読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいおいロマゴン。

うわあああロマゴンがああ。

前戦、カルロス・クアドラスに苦戦を強いられたことで、スーパーフライ級にアジャスト出来ていないんじゃないかと言われたりしていて、今回敗戦の相手、シーサケットにも苦戦するんじゃないか、との予想はたくさん聞いた。

それでも、現在のパウンドフォーパウンドナンバーワン、ロマゴンの不敗神話は揺るがない、日本の至宝井上尚弥とのドリームマッチまで負けないだろうと、希望的観測を持って信じていた。

それが、一番つまづいてはいけないところでつまづいた。

まだ、この階級に上げる以前からのライバル、ファンフランシスコエストラーダ、前チャンピオンのクアドラスに負けた方が、この後の展開は面白くなったような気がする。

井上×ロマゴン楽しみにしていたのだけどな。

ロマゴン待ちで年内はこの階級に留まると言っていた井上は、もうこの階級にいる意味がなくなってしまったんじゃないか。

次なる階級、バンタム級

そこには、ゴッドレフト山中慎介がいる。

彼の日本新がかかるV14戦の挑戦者に井上。

痺れる。

が、実現しないだろうな~。

井上はフジテレビ、山中は読売テレビ

しかもどちらも無敗。

潰し合うには日本人の心情として、勿体無いとの想いもある。

でも観てみたいなぁ。新旧交代?あるいはモンスターの挫折?

どちらにしろドラマティックだ。

その前に具志堅用高のV13、山中慎介の次戦はそのタイ記録に挑む試合になる。

ほぼ内定しているといわれている、相手のルイス・ネリー。

無敗のパンチャーでかなりの強豪らしい。まずはここをクリアできるか。

妄想の続きはそのあとだ。

しかし、ロマゴン・・・。ああああ。

パウンドフォーパウンドナンバーワンに日本人ボクサーが勝つ。

絵空事の中でしか想像し得なかったことが、実現したかもしれないのに。

ロマゴンに勝ったシーサケットに井上が勝ったところで、それはまた違う話だし。

残念だな。

と、ボクシングのことは触りだけで、あとは違うことを書こうと思っていたのにな。

脇道に逸れるいつもの悪い癖。

やれることはやれるうちにやっておけってことだ。

善とビッグマッチは急げ。

不一。

 

対決。

http://beagle-voyage.com/wp-content/uploads/2016/03/batman.jpg

「スーパーマンVSバットマン」 2016年 アメリカ 監督 ザック・スナイダー

日本で言うなら仮面ライダーウルトラマン、悟空対ルフィなどに匹敵するか。

現実世界では、パッキャオVSメイウェザー井上尚弥VSロマゴン。

作品的にはヤバイ香りはしつつも、手を出さない訳にはいかない。

だって男の子だもん。手が出ちゃう。

といった感じで観てみたのだけど、思ったとおりではなかった。というのとは、ちょっと違って、期待通りではなかったというのが正しいか。

いま旬の女優が、大胆な濡れ場を披露する。なんて煽り文句に踊らされて観てみたら全然大したことのない見えるか見えないかのしょうもないラブシーンを延々見せられたときのような。期待を激しくはないが、それなりに裏切られたときのような。例えがクソで悲しくなるが、隔靴掻痒。そんなような感じがした。

しかし、やることに意義がある。

スーパースター同士の対戦は往々にして凡戦になることが多い。

実力が拮抗し相手の良さをお互いに打ち消し合い、警戒心も強く持ち、いつものようには戦えない。

それでも見たい。どちらが強いのか。

井上VSロマゴン、今年中に実現するだろうか。

実現すれば、母ちゃんを質に入れても見に行く。あっ、一昨年離婚して母ちゃんいないんだった。などという自虐もそろそろ痛々しくなく言えるというのも、今それなりに楽しくやってるからだろう。

過去は変えられないが、過去が持つ意味は変えられる。

あのことがあったから今がある。肯定的に過去をとらえられるのは、今いい時間を過ごしているから。

過去を引き摺り、いつまでもそこにいい意味を付与できずにいる人は、あの時ああしていれば、あの時あいつと出会わなければ、あの時もう少し頑張っていれば、などと悔恨にまみれて生きていく。僕は阿呆だから、過去をいつまでも覚えてはいられない。それ故にそういった状況には陥りたくても陥れないだけの話だけど。

過去を肯定的に見、未来に希望を抱く。どちらも今を良く生きなければ出来ないこと。

結局どこまでも人間に与えられているのは、今だけ。

・・何の話だろうね。

不一。

 

 

 

 

何かと難問だ

つまるところ自己満足なんだろうと思う。人生なんて。

しかし、満足が如何に難事であるかは、生きれば生きるほど痛感する。

自分が見て綺麗な物は大抵の人にも綺麗なのだろうし、自分が気持ちいいことは大抵の人にも気持ちのいいことなのだろうから、綺麗な物を欲すれば、当然のことながら競争になる。気持ちのいいことも皆が殺到するから、順番待ちになったりする。

だから、少しランクを落とした綺麗な物や、気持ちいいこと、楽しいこと、美味しい物なんかで妥協する。そこで満足まではいかずとも納得できれば、それは上々の結果なのかもしれない。

納得。何かを得て、それを納める。そうするには収納スペースが必要で、そのスペースをうまく作れないと、何かと納得できない、何かに付け文句を垂れる、キレる、すねる、みたいないい年してみっともない大人に成り下がる。

しかし、何でもかんでも納得してしまえるという、信念の感じられぬ生き様もまた自己満足からは程遠いようにも思う。それは単なる諦観に支配された人生観で、すねるに近い感じもする。

今の自分はそこに近いところにいる気がする。

まぁそれでいいんじゃない。だってしょうがないんでしょ?よくあることだよ。

一見物分りの良さそうな感じはするけど、心から賛成している、または喜んでいる感じは皆無。なんだか、すねている感じにしか思えない。快さがない。心からの肯定がない。

納得を装いつつ、全然納得いってないのだ。それはよく分かっている。

だって、僕には良いことにしろ悪いことにしろ、得たものを納めるスペースがないのだから。

満足。とまではいかなくとも、納得。できる一日を、ひと月を一年をひいては人生を。なんてね。やることやってから言えや。って話だけどね。

 

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/84833/photo/00e09e2a64c16b78.jpg?1464940991

「神のゆらぎ」  2013年 カナダ 監督 ダニエル・グルー

神の教えにどこまでも従い命を落とす男。

神を捨てて生きることを選んだ女。

どちらが正しいなんてことは誰にも言えなくて、要は当事者の自己満足の度合いなんだろうな。

それで納得いくなら、それでいいんだろうな。

としか言いようがない。と、ここでも得意の諦めで、答えを取り敢えず考えられるところまで考えるということもしない。

ゆらぎゆらぐ。

効能。

信じるものは救われる、とは限らない。が、信じて救われなかったものが、不満を持つとも限らない。納得しているかも知れない。ならそれは救いであったのかも、いやでも、結果死んでるんだから、救えてないよね、っていうのもそれは命あっての物種なんて俗な目線からの愚考で、神様なんてものからの巨視的な目線で見ればめちゃんこ救いの可能性もあるよね、天国なんてものがあると仮定するならば。天国へのパスポートなんてものがブルーハーツの歌詞に出てきたよな、懐かしいなぁ、・・ん?・・・と最初に何を考えていたか分からなくなるくらい、漠然と、しかし厳然と立ちはだかる難問。

不一。

 

 

 

きっかけ。

今思えばあそこがターニングポイントでしたね・・。なんてことを成功者がテレビやなんかで振り返っているところを見たことが何度もある。

それは人との出会いであったり、街で偶然見かけた何かだったり、時代の流れであったりと、分かりやすい。

でも、本当のターニングポイントなんてのは、個人の認識の範疇にないんじゃないかなんてことを思ったりする。

人との出会いがその人のターニングポイントだったとしたら、その出会いに至るまでのどこか一つの行動が違うだけで出会えてなかったかもしれない。そうなると、その何気ない一つの行動が実はターニングポイントだったりするのかもしれない。じゃない?

ここは力の入れどころや!って分かりやすくターニングポイントが来てくれれば、そこだけ頑張れば、あとはテキトーでいいのだけど、分かりやすいターニングポイントですら、後々考えないと分からないのが人間で、そうなると、どんな小さな選択にもターニングポイントが潜んでいる気がして気が抜けない。

そんなことを思いつつ、ジョージアにするべきかBOSSにするべきか、自販機の前で悩む。そんなことに時間を費やしているあいだにも、ターニングポイントは背中をすり抜けて行ってしまっているかもしれない、そう思うと焦る。早く選ばなくては、ここはBOSSや!と決めたところで、今度はブラックかカフェオレで悩む。ああ早くせんとターニングポイントがどこかに来てるかもしれないのに、この数秒で会うべき人とすれ違うかもしれないのに。あああでもこのブラックかカフェオレかをテキトーに決めてしまうようなメンタルでは、後悔のない人生を生きられない、ちゃんとターニングポイントをとらえられない。

つまるところ、ターニングポイントなんてどこまでも運の要素が強いものなのだから、普段からそれを意識して生きるなんてことそのものがナンセンスなのかもしれない。

運って何だろう。う~ん・・。

 

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/80987/poster2.jpg

「人生スイッチ」 2014年 アルゼンチン・スペイン 監督 ダミアン・ジフロン

ほんのちょっとのきっかけで、人生が大きく変わってしまう人たちを描いた短編オムニバス。

観やすく分かりやすく面白かった。

それでいて、人生の怖さも充分に表現していて、いろんな人の顔が思い浮かんで、みんなギリギリだなぁ。なんて思ったり。

余裕で生きているようで、ほんの小さなきっかけで人生なんて簡単に暗転する。

それを身を持って知ったからこそ、こういう作品に惹かれるのかもしれない。

効能

至るところに陥穽あり。ただし、そのほとんどは己自身の内奥にあり。

不一。

エネルギー。

人は皆何らかのエネルギーを持っていて、それが陰に働くにせよ健全に陽に向かうにせよ確かに誰にも何らかの力がある。生きていれば何ものにも影響を与えずに生きていくことはできないし、また影響を受けずに生きていくことも出来ない。

たくさんの人が発するエネルギーの間を身をよじりながら、あるいは躱しいなしながら、または受け止めながら、押されながら、流されながら、抗いながら、生きている。

自分の中にエネルギーを自覚して、それをぶつける対象がある人は幸せだ。

さらにそれが、勉強、スポーツ、仕事、趣味、など健全なものに向かう人はさらに幸せだ。人に理解を求めるというムダが省けるから。

だけれども、希に、いや結構数いるのかもしれない、考えればむしろそっちの方が多いのかもしれないとまで思えてくるのだけど、エネルギーをぶつける対象が見つからず、浮遊したそれを持て余す人、もしくは人に災厄を与える、迷惑のかかることにしかぶつけられない人がいる。

生まれてしまった力は、必ずどこかに作用するのだから、できるだけ早い段階でいい対象を見つけてぶつけたいものだけど、そうそう上手くはいかない。

幸せの種と不幸の種は同種のもので、芽が出るまで分からない。

今日の喜びが明日の哀しみに変わることなんて、世の中の常だ。

 

https://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/p/p/94/d8/169124_02.jpg

 

「ディストラクションベイビーズ」  2016年 日本 監督 真利子哲也

街ゆく人を襲う彼らの常軌を逸した行動は、使い道の分からない持て余したエネルギーの発露がもたらした暴力によって傷つけられた人は勿論、暴力を振るった彼ら自身もその犠牲者と言えそう。

もっとそれだけのエネルギーが他に向いていれば。と思うけど、若さ、未熟、無自覚、承認欲求、様々なダメ要素が混沌と混ざり合いどす黒く噴出した結果、行き着くとこまで行ってしまう。

明るい不良の暴力ではなく、陰にこもった絶望的な暴力。

通常のケンカなどは、殴り合ったあと、お前やるやん。お前こそやるやん。飯でも食って帰らん?ええな。みたいな新しい関係を残したりするもんだけど、この作品の暴力は全てを破壊する。自分自身まで。絶望的だな。

何だか胸苦しい思いがあとに残る。

効能。

エネルギーは正しくつかうべき。という常識的だけど実はひどく難解な問題。

 

僕の中にも浮遊してるよ。エネルギー。頼むからいいところにぶつかってくれよ。

変なところにぶつかったら、それの責任、後片付け、再構築あるいは新たに何かを構築することにまた別のエネルギーがいる。そして、そういう時に限って、それが出来るだけのエネルギーが無かったりするんだよ。これまでの感じだと。

不一。

 

 

なにひとつ。

どんなに偉そうな事を言っても、何一つ自分の力では成し得ないし、維持もできない。

この文章だってこのパーソナルコンピューターがなければ打てないし、仕事にだって車がないと行けないし、人との関係も携帯電話がなければ維持できないし、ご飯だって誰かが栽培あるいは畜産、製造してくれないと食べられないし、洋服だって誰かが布を作って、それを上手く縫ってくれる人がいないと着るものがないし、普段自分と思っている自分の如何に心許ないことか。

今持っているもの、人間関係、仕事、習慣、何一つ自分の力だけで成り立っているものなんてない。人間が個人的に威張っていい理由なんて実は何一つない。思い上がるなダボが。とこれは誰にってこともない単なる流れで出た暴言。

誰にも言えることだけど、誰もがいつの間にかもしくは不意にあるいはいつでも失念してしまうこと。どんな人でも人の世話にならぬ者はいないし、誰のためにもなってない人間もまたいない。内容、質において差はあれど。

なんてことを考えていると、感謝より先に羞恥の感情が湧出。

様々な現代の恩恵に浴していながら、自分は何をやっているのだ。与えられるそれら、手にしているたった一つの物でさえ奇跡であるのに、さも当たり前の顔でそれを無駄に消費する。バチバチに罰が当たればいい。傷つくのは自分だけど、きっとどこかカタルシスを感じるんじゃないか、なんて気もする。罰によって。

嗚呼ちゃんと物の価値、時間の価値、人の価値、見えるもの見えないものの価値をしっかり分かる人になりたい。ひとつのものから伸びる糸のさきがちゃんと見える人になりたい。が、なれまい。雑だから。生き方が。

 

http://www.sekaneko.com/gallery/images/gallery_poster02.jpg

 

世界から猫が消えたなら」  2016年 日本 監督 永井聡

 

ちょいネタバレ。

 

不治の病に囚われた主人公。余命を伸ばすために、世界から一日ひとつずつ何かを消す。

電話、映画、・・そして猫。

考えさせられる物語だったな。

些細に見えるものにも自分を自分たらしめている何かがあるんじゃないか。

普段気にもとめないものの中に自分の大切な何かがあるんじゃないか。

自分に見える範囲なんていう極々狭い世界の中に、自分に関係のないものなんて何もないんじゃないか。興味がないだけで、関係はあるんじゃないか。思っているより深く。

そんなことを。

なら触れられるものなんてどれだけ影響を受け影響を与えているのだろう。

自分の周りを微細に観察、省察、再考、再確認。

そんな気持ちに。

 

効能。

当たり前のことが当たり前ではない可能性を示唆。何気なく手にしているものが実は得難いものである可能性の示唆。思い上がり防止。

不一。

 

 

なごや。

さて前回の続き。

桜通口を首尾よく見つけ、その方に歩いていく。幾人か立っている人がいるけど、アキちゃんがどんなビジュアルか知らないので、どの人もアキちゃんに見える。どうしたものか。と思いつつ、桜通口の出口を出て、周囲の地図の案内板を見て、本当にここでいいのか確認していると、後ろから大柄の男性が声をかけてくる。

おお・・想像と全然違った。元ボクサーということを聞いていたので、自分の中の固定観念で日本人のボクサーといえば小柄。と思い込んでいたところがあったので、まずその長身に驚く。見た目も粗暴な感じは一切なく、優しげで洒落ている。美容室かなんかで店長とかやってそうなルックス。想像と全然違う。

懸念であった人当たりもすごくいい。物凄く話してくれる。良かった。

名古屋の町を散策しながら、お茶でも飲んで話しましょうということになり、喫茶店に入る。

ボクシング、共通の知り合い、仕事のこと、家族のこと、果ては内面の濃いところまで、マジで初対面?ってくらい話が尽きない。気づけば結構な時間をコーヒー一杯で過ごしていた。

この日の目的は観光でもなんでもなく、ただ純粋に自分のブログに共感してくれた人に会いにきたというだけのことだったので、目的は大きな満足を伴って果たした。

喫茶店を出て、腹減りましたねなんて言いつつ飲食店を物色。

せっかくだから何かここらの名物的なものでも行きましょうか?とアキちゃんの提案。

そうですね。味噌カツ以外なら何でも。などと言っていたら、一軒のホルモン屋。

とんちゃん焼きというのが気になって、アキちゃんにここ行きましょうよと言う。

でも、ホルモンって関西が本場じゃないですか?ホントにここでいいんですか?と問われるが、その店がどうにも美味しそうだったので、そこにしてもらった。

これが当たりで出てくる肉、ホルモン、全部美味い。特に豚のホルモンに味噌で味付けしたとんちゃん焼き、これがすげー美味い。

ここでも、いろんな話をする。知れば知るほど、アキちゃんは立派な男だ。同じ男として劣等感を感じるくらいに。素晴らしい人と知り合いになったもんだ。来て本当に良かった。まだまだ話したかったが、帰りの電車の時間が迫る。なんて早い一日だろう。もう帰らなくてはいけない。

土産を買うために駅の土産物屋に入る。僕も家族に何か買って帰ろうかな~なんてアキちゃんも買い物を始める。

適当に名古屋っぽいものをチョイスして買う。

ふぅ。土産も買ったし、帰りは行きと違って時間の心配はないし、のんびり帰るかなんて思いつつ、駅の改札に向かう。

そこで、またの再会を約しアキちゃんと別れる。

改札に切符を通し、楽しかったなぁ。なんてひとりごちて歩いていると、後ろから駅員が「忘れ物ですよ~」と追いかけてくる。おっ!?何か落としたかな?と思っていると、駅員が持ってきたのは大きめの紙袋。駅員の背中越しに改札の向こうを見るとアキちゃんが微笑んでいる。さっきアキちゃんが土産物屋で買っていたのは、僕に持たせるお土産だったのか・・。なんだよアキちゃん、ナイスガイにも程がある。

微苦笑でそれを受け取りつつ、満ち足りた気持ちでホームに向かう。

何から何まで世話になって、行って迷惑じゃなかったか、それだけが心苦しいがすごく楽しい一日だった。

この歳で友達が増えたこともまたそうそうあることではないので、そのことにも感謝。

ありがとうアキちゃん。阿呆な自分でも忘れ難い一日をありがとう。

ケトルベルはまだちょっと買う勇気出ません。

不一。