読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つよいとかよわいとか。

今月から近所のボクシングジムにダイエットコースで入会したわけだけど、運動をするからだろう、物凄く腹が減る。なので、食う。家にあるものを片っ端から食べてしまう。すると当然だけど、太る。ダイエットコースに入会したのに、半月で2キロ太る。このままの感じが続くと、バタービーン。いかんなと思い食欲を抑えようと思うのだけど、空腹抑えがたく、せんべいやらチョコレートやらをちょいちょいつまみ食い。このままじゃ、ジムにも迷惑かかる。通ってるオッサンがどんどんブタになっていくとか、ダイエットコースの沽券に関わる。

 

パンチはまだまだ全力で打てない。下半身が全然粘らないし、手首は痛いし、変なところが当たるから拳も痛い。イメージに筋力が付いてこない。そら当然だ、このプリン体だもの。

 

しかし、強いパンチが打てたところで、それは対人間ということで、自然には勝てない。地面が大きく揺れるなんてことを、地面に思い切りパンチを打ち込んで止める。なんてことは当然できないし、大きい台風にカウンターを打ち込むごとくパンチを打ち込んだところで、台風が止むはずもなく、阿呆が台風の日に外でシャドーってだけのことだ。さらにいうなら、対人間ということでも自然が生み出した巨人、チェホンマンとかヒョードルとかクリチコとかあの辺の規格外に渾身のパンチを打ち込んだところで、蚊に刺された程度のダメージも与えられないだろう。虚しいな。別に今更強い弱いを基準に身体を動かしたりはしないけど、ボクシングジムという場所の性質上、ああいう場所にいると、そのことを少しは考えるわけで、脆弱な自分に忸怩たる思いは多少あったりなかったり。

 

自然の機嫌ひとつで人間なんて右往左往。この場所を間借りしていることを忘れて、傍若無人な振る舞いを続けていられるのも、地球がいい大家さんだから。そのうち怒って追い出されるかもしれない。でも文句言えない。所詮人間。

 

http://blog-imgs-65.fc2.com/e/i/g/eigamove/GODZILLA-5ac47.jpg

 

GODZILLA」  2014年 アメリカ 監督 ギャレス・エドワーズ

 

これは何だろう?人間の物語部分が凄く上滑りしているというかリアリティを激しく欠いている気がした。怪獣に対する人間の猿知恵に苦笑。

 

フォーカスされた家族は無事を喜んで抱き合ってるけど、周りの惨状を考えると、全然ハッピーな気分になれない。とんでもない数の人間が死んでると思うんだけど。

 

渡辺謙は、英語があんまりなんだろうか、セリフが全部短い。寡黙な学者。言わなくちゃいけないことも言わない感じにヤキモキ。

 

効能

ゴジラが粋。自然には勝てない。不言実行。

 

不一。