読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきてる。

ジム通いを始めてひと月半程度が経過した。

先月は無理やりも含めると10回程度は行くことが出来たから、始める前は月に4,5回行ければいい方かなと考えていたことを思えば上々。

最近は心肺機能は相変わらず全然ついてこないが、翌日の筋肉痛に悩まされることもなく、いい感じで運動不足を解消出来ているように思う。

しかし、筋肉痛にはならなくなってきたのだけど、関節にくる。年なのか。これが老化なのか。手首、膝、腰が少し激しめに動くと翌日かなり痛む。

あいてて、いてて、などと言いつつ歩いていると、これが苦痛かと思いきや、何だか生きている実感があって意外と厭じゃない。

少し前までは、生きている実感が希薄で、本当に何も感じない、ただ朝が来るから仕事に行って、夜が来るから寝て、話しかけてくるから答えて、あ~面倒だな。生きるって面倒だ。なんてことを思っていたりした。

しかし、自分から能動的に動き手にした痛みは、受動的に与えられた慰めやちょっとした幸運などより余程快い。

どうでもよかった人生が、今ちょっと生きてて良かったと思えるようになってる。

でも、幸福を疑う癖がついてしまっているから、どこか引っ掛かりを感じているというか粗を探してしまう。みっともない。

例えそれが仮初の幸福でも、それを感じるなら、それにそのときは浸りきる。そうあるべきだ。

そう思っているのに、上手く出来ない。めんどくせぇ人間だな。あ~生きるってやっぱり面倒だ。けっきょく、そこ実家?ってくらい同じところに戻ってくる。

バカは死ななきゃ治らない。とはいえ、バカを治すために死ぬ奴もそれはそれでバカだろうよ。

 

http://cdn.top.tsite.jp/static/top/sys/contents_image/026/327/167/26327167_37038.jpg

 

「レヴェナント 蘇りし者」  2015年 アメリカ 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ

あの「ギルバートグレイプ」や「バスケットボールダイアリーズ」なんかで、かわいかったディカプリオがこんな重厚な演技をするオッサンになるんだから、僕も年を取るわけだ。そら関節も痛むわ。

目の前で息子を殺された男の復讐劇。といえば、相手は人間。かと思いきや、自然が復讐劇の前に大きく立ちはだかる。

どこまでも峻厳な自然の中復讐を胸に生きる男の執念。

ディカプリオ男前。

効能

生きる力。しかも半端なく強い意志で生きる力。自然の脅威。人間愛。

不一。